1
COLUMN

コラム

目の下のクマ取りダウンタイムはどれくらい?施術後の注意点も解説

気になる目の下のクマを取るには、美容医療がおすすめです。
しかし、中にはダウンタイムがどれくらいかかるのか心配な方もいるでしょう。

本記事では、目の下のクマ取り後のダウンタイムがどれくらいかかるのか、3つの施術別にご紹介します。
目の下のクマ取りを検討している方は、ダウンタイムの期間を具体的に知ることで安心して施術を受けられるようになります。

目の下のクマ取りダウンタイムはどれくらいかかるのか

目の下のクマ取りにかかるダウンタイムは、施術によって異なりますが、基本的には数日〜2週間程度でおさまります。
特にヒアルロン酸製剤の注入は負担も軽く、ダウンタイムも短い傾向にあります。
施術後に起こりやすい腫れや内出血は、通常2~3日でピークを迎えますが、ダウンタイム中の過ごし方によって長引いてしまうこともあるため、注意が必要です。

目の下のクマ取りダウンタイムを施術別に解説


目の下のクマ取りダウンタイムを以下の施術別に解説します。

  • 眼窩脂肪除去
  • 脂肪注入
  • ヒアルロン酸注入

クマ取りのダウンタイムは施術内容によってそれぞれ異なるため、理解しておきましょう。

眼窩脂肪除去


眼窩脂肪除去は、目袋の余分な脂肪を取り除き、クマを改善する施術方法です。
眼球の重みによって押し出されてしまった脂肪がふくらむことでクマに見えるようになります。このような場合は、下まぶたの裏側を少し切開し、そこから余分な脂肪を除去します。

目の粘膜の治癒力が高いため、特別な縫合の必要がなく完了する施術です。
施術後のダウンタイムは短く、腫れが数日〜1週間程度、痛みのピークは2~3日です。内出血には個人差がありますが、2週間程度で治まります。

脂肪注入


脂肪注入は、自身の太ももなどから採取した脂肪を顔のクマとなっている凹凸部分に注入し、改善する施術方法です。
採取した脂肪は精製して注入するため、安全性が高く、ヒアルロン酸注射よりも長い持続効果が期待できる治療方法です。
ダウンタイムはヒアルロン酸注射に比べて長めであり、腫れや内出血が数日~数週間続きます。

ヒアルロン酸注入

目の下の凹凸によるクマには、ヒアルロン酸注入が効果的です。
ヒアルロン酸注入は、脂肪注入と同様に目の下の気になる凹凸部分にヒアルロン酸を注入し、平らな状態にならす施術です。

脂肪注入に比べて、ヒアルロン酸製剤を注射器で注入するだけのため、施術時間やダウンタイムは短い傾向にあります。
ダウンタイムは、1~2週間程度で、特にむくみやすい方は腫れる場合があり、1週間程度で落ち着くでしょう。

目の下のクマ取りの施術後の注意点


目の下のクマ取りの施術後の注意点は以下の通りです。

  • 目元を触らない
  • 目に負担をかけない
  • 体を温めすぎない
  • 飲酒を控える
  • 重い荷物を持たない
  • 頭を下にしない

施術後の注意点は、ダウンタイム中のトラブルを避けるためにも非常に重要です。ぜひ覚えておきましょう。

目元を触らない

目の下のクマ取り後は、極力目元を触らないようにしましょう。
目元を触ることによって患部に細菌が入り、感染症を引き起こす恐れがあります。

また、患部を触ることで注入したヒアルロン酸が広がってしまい、効果が弱くなってしまうこともあるため注意しましょう。
施術後はメイクもできますが、目元のしっかりメイクは避け、極力触らないことをおすすめします。

目に負担をかけない

目の下のクマ取り後は、目を触らないだけでなく、目に負担をかけないようにすることも大切です。
部屋を明るくしすぎたり目が乾燥したりしないように、部屋の照度や湿度には十分に気を配りましょう。

また、目が腫れている場合は、なるべく頭を高くすることで腫れが引きやすくなります。

体を温めすぎない

目の下のクマ取り後1週間は、体を温めすぎないようにしましょう。
血行が良くなることにより、内出血のリスクが高まります。
入浴では長く湯船につかることは避けましょう。また、激しい運動やサウナなどの利用もしばらく休みましょう。

飲酒を控える

飲酒によるアルコールの摂取も、血行を良くする直接的な原因となり、腫れが悪化することがあります。
ダウンタイムのトラブルを避けるためにも、長風呂やサウナと同様に、施術後1週間は飲酒を控えましょう。

重い荷物を持たない

重い荷物を持つ際に、息堪えをしてしまい、血行を良くする直接的な原因となり、腫れが悪化することがあります。
ダウンタイムのトラブルを避けるためにも、長風呂やサウナと同様に、施術後1週間は重い荷物を持つことは控えましょう。

頭を下にしない

下にあるものをとったりする際に頭を下げる行動も、血行を良くする直接的な原因となり、腫れが悪化することがあります。
ダウンタイムのトラブルを避けるためにも、長風呂やサウナと同様に、施術後1週間は飲酒を控えましょう。

目の下のクマ取りならTHE FIRST CLINIC町田院へ!

目の下のクマにお悩みの方は、ぜひTHE FIRST CLINIC町田院にお越しください。
THE FIRST CLINIC町田院では、眼窩脂肪除去をはじめ、脂肪注入、ヒアルロン酸注射などさまざまなクマ取りに関する施術を行っております。

目の下のクマのお悩みについては、患者様一人ひとりに合った適切な治療方法で向き合い、解決いたします。
ぜひお気軽にTHE FIRST CLINIC町田院のカウンセリングをご予約ください。

【まとめ】目の下のクマ取りはダウンタイムが短い!まずはカウンセリングから

目の下のクマ取りは、他の美容医療の施術と比べるとダウンタイムが短いことが特徴の一つにあります。
また、施術当日にメイクやシャワーが可能など、普段通りの生活ができることも魅力の一つといえます。

施術後はダウンタイムの過ごし方がとても大切で、過ごし方次第でトラブルが生じ、ダウンタイムが伸びてしまうこともあるため、気をつけましょう。
また、クマ取りにはいくつかの方法があるので、まずは、気軽にカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

THE FIRST CLINIC 町田院

TEL 042-785-5665

〒194-0013
東京都町田市原町田6丁目20−10 中野屋ビル5階
JR「町田駅」より徒歩4分

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:042-785-5665

電話受付:10:00〜19:00

ACCESS

〒194-0013
東京都町田市原町田6丁目20−10 中野屋ビル5階
TEL 042-785-5665

SCHEDULE

× = 休診日

SUN

MON

TUE

WED

THU

FRI

STU

× = 休診日

SUN

MON

TUE

WED

THU

FRI

STU

電話予約 無料相談 LINE