1
COLUMN

コラム

目の下のクマの改善方法は種類ごとに違う?種類別の特徴や原因も解説


目の下にクマがあり、悩んでいる人は少なくありません。しかしクマはセルフケアでの改善が難しく、諦めているケースも多いでしょう。
本記事では目の下のクマの改善方法を、種類別に解説します。参考にして、クマを諦めることはないのだと知ってください。

目の下のクマとは?

目の下のクマとは、目の下に生じる皮膚の色が変わっている部分です。目の下以外であっても、皮膚の色が変わっていればクマと呼ぶ点は変わりません。

一般的には、生じたとしても健康上の支障はありません。しかし、疲れたり老けたりして見えるため、美しさには悪影響を及ぼします。

クマには種類がある

ひとくちにクマと言っても、実際にはクマに種類があります。具体的には以下の通りです。

  • 黒クマ

それぞれ原因や改善方法が異なるため、一概に「○○すれば改善する」と言い切ることはできません。まずは自分がどのクマに悩んでいるのかを、はっきりさせるのが大切です。

黒クマの原因と改善方法

黒クマは、目の下に黒っぽいエリアができてしまうクマです。

ただし、厳密には肌の色が変わっているわけではありません。目の下にたるみができ、そのたるみの影が目の下を黒くしてしまっているだけです。

そのため、下からライトを当てるなどして影を消すと、黒クマは消えてしまいます。

原因

黒クマの原因は目の下のたるみであり、たるみの根本的な原因は主に加齢です。そのため、黒クマは年齢とともに、多かれ少なかれ誰でも悩まされる症状でもあります。

ただし、若いからといって黒クマに悩まされるケースがないわけではありません。骨格から目の下の脂肪が前に出やすい人の場合、比較的若い内から黒クマが発生するケースもあります。

改善方法

黒クマは目の下のたるみが原因であるため、改善方法はたるみを脱脂で取ることになります。ただし、取りすぎると皮膚がたるみ、結局黒クマとなって残ってしまいます。

そのため、脱脂をしつつ適度に脂肪を入れ直して、目の下のハリを適切に調節しなければなりません。

青クマの原因と改善方法

青クマは、目の下に青い部分ができてしまう症状です。

厳密には肌の色が変わっているわけではなく、目の下の血管が透けて見え、青く見えているのです。そのため、目の下の肌を引っ張ったりしても、青い部分の位置が変わることはありません。

また、目の下の皮膚を引っ張ると、血管までの間に距離ができるため、青みが薄くなります。

原因

青クマの原因は血管が透けて見えていることです。ひいては、体調不良で血管が目立っているか、目の下の皮膚が薄く血管が見えているかのどちらかになります。

青クマは体調不良でも生じるため、比較的出やすいクマです。一方で、体調が戻ると消えるケースも多く、気づけば消えていたという人も少なくありません。

改善方法

青クマの改善方法は、体調を健康に維持し、脂肪の付き具合を調節して痩せすぎない状態にすることです。そのほかにも脂肪注入やヒアルロン酸注入などで改善することもあります。

クマの中では比較的セルフケアが効きやすいため、自力で改善できるケースも多いです。

茶クマの原因と改善方法

茶クマとは、目の下の皮膚が茶色に変色するクマのことです。

茶クマの場合は、皮膚そのものの色が変色しています。そのため、引っ張るなどのアクションをとっても色が薄くなったり濃くなったりすることはなく、皮膚が動くと茶色い部分も動きます。

原因

茶クマの原因は、日常的に目の下に触るなどの刺激による肌の変色か、メイクを落とし切れていないことです。

目の下を触るのが癖になっていたり、コンタクトやメイクの際に目の下をよく擦る人は、刺激により段々肌が変色してきます。

また、メイクを十分落としきれない日が続くと、コスメの色素が肌に沈着してしまい茶クマとなります。

改善方法

茶クマの改善方法は、ピーリングなどです。ただし、一回で完全な解消はできないのが一般的であり、何度か施術を行う必要があります。

また、原因が生活習慣にあるケースが多いため、目の下を触る、メイクを落とさないなどの習慣を直す必要があります。

赤クマの原因と改善方法

赤クマは、目の下が赤くなるクマのことです。目の下には眼輪筋と呼ばれる筋肉があり、眼輪筋が皮膚から透けて見えるため赤く見えます。

頬骨周辺の皮膚を優しく下に引っ張り、赤みが増すようであれば赤クマです。皮膚が薄くなることで眼輪筋がより見えやすくなり、赤みが増すのです。

原因

赤クマの原因は、眼精疲労や加齢による目の下の脂肪の突出です。

眼精疲労になると、目の下の脂肪が腫れて、眼輪筋が前へと押し出されます。この現象により、眼輪筋が皮膚表面に近づいて赤クマとなるのです。

改善方法

赤クマの改善方法は、脱脂か生活習慣の改善です。眼精疲労による一時的なものであれば、状態が改善するにつれて赤クマも改善していきます。

一方で、加齢による目の下の脂肪の突出の場合は、放っておくと黒クマになるケースがあります。たるみの根本的改善はマッサージなどでは難しいため、脱脂での改善がおすすめです。

目の下のクマを改善したい方はTHE FIRST CLINIC町田院へどうぞ

当クリニックでは数多くの症例を経験した医師が担当にあたるため、的確な改善処置を施せるだけでなく、一人一人の状態を的確に診断し最適なメニューを判断できます。

目の下のクマにお悩みの方、改善方法がわからない方は、ぜひ当クリニックをご利用ください。

【まとめ】目の下のクマは適した施術で改善が期待できる

目の下のクマは、適した施術で改善が期待できます。
ただし、改善のためにはまずクマの種類や原因を確認する必要があります。また、一般的にセルフケアでの改善は難しく、結果を出したい場合は美容医療がおすすめです。

THE FIRST CLINIC 町田院

TEL 042-785-5665

〒194-0013
東京都町田市原町田6丁目20−10 中野屋ビル5階
JR「町田駅」より徒歩4分

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:042-785-5665

電話受付:10:00〜19:00

ACCESS

〒194-0013
東京都町田市原町田6丁目20−10 中野屋ビル5階
TEL 042-785-5665

SCHEDULE

× = 休診日

SUN

MON

TUE

WED

THU

FRI

STU

× = 休診日

SUN

MON

TUE

WED

THU

FRI

STU

電話予約 無料相談 LINE