1
COLUMN

コラム

二重整形の痛みってどれくらい?手術方法とアフターケアを知ろう


理想の目元になりたくて二重整形を考えていても、まぶたの手術って痛そうで不安ですよね。この記事では、二重整形の種類やメリット・デメリットがわかり、施術時や施術後の気になる痛みの軽減方法も解説します。

手術後のダウンタイムで気になる腫れやまぶたの動き、気をつけるポイントも説明するので、ぜひ美しい目元を手に入れるための参考にしてください。

二重整形には2種類ある

二重整形には、以下の2種類があります。

  • 埋没法
  • 切開法

それぞれを詳しく解説します。

埋没法とは

埋没法は二重ラインを作るために、まぶたの裏に糸をかける施術です。

特徴は切開しないため、痛みやダウンタイムが少ない点でしょう。

人工的ではない奥二重や末広二重など、好みに合わせた二重の形を選べます。
メリットは以下のとおりです。

  • 施術時間が短い
  • ダウンタイムが短い
  • 施術の跡が目立たない
  • 切開法に比べて安価である

埋没法の施術自体にかかる時間は15〜20分程で、抜糸もありません。

施術後はダウンタイムの腫れや内出血が数日~1週間、長くても2週間程度で落ち着きます。

さらに、まぶたの裏から糸を入れるため、傷が表面から目立ちません。

デメリットは以下のとおりです。

  • まぶたによっては埋没法に適していない
  • 糸が切れたりゆるんだり場合がある

埋没法は糸で二重を作るため、目をこする動作や皮膚のたるみでまぶたが下がった場合には、糸が切れたりゆるんだりします。

また、まぶたの厚い人や幅の広い二重を希望する場合は、糸での固定が十分できず希望どおりの見た目にならないケースがあります。

切開法とは

切開法は、メスを使ってまぶたの表面を切り、二重まぶたにする施術です。

埋没法に比べて、自由なデザインを作れるため美しい二重まぶたが期待できるでしょう。

切開法は埋没法により二重の状態が長持ちします。

メリットは以下のとおりです。

  • 二重が長持ちする
  • 脂肪や皮膚を同時に切除できる

切開法は皮膚を切って筋肉と縫い合わせるため、二重の効果は半永久的です。

また、まぶたの厚い人でも施術中に余分な脂肪や皮膚を除去できます。

しかし、埋没法と比較して体への負担は大きいため、アフターケアが万全なクリニックを選びましょう。

デメリットは以下のとおりです。

  • 手術時間が長い
  • 傷跡が残る場合がある
  • ダウンタイムが長い

手術時間は1時間前後かかります。

切開法はメスを使うため、二重のラインに沿った傷が残るかもしれません。

まぶたの腫れがすっかり落ち着くまで、2~3週間かかるケースもあるため、会社や学校の長期休暇の利用がオススメです。

二重整形埋没法の施術時・施術後の痛み

埋没法の施術時は極細の針での局所麻酔を使い、ほとんど痛みを感じません。

施術後は腫れや違和感がありますが、痛み止めの内服で管理可能です。

数日で腫れが引き、数週間で自然な二重の形状が出現します。

痛みの程度は個人差がありますが、日常生活に支障をきたすものではありません。

二重整形切開法の施術時・施術後の痛み

切開法の施術時は適切な麻酔を選んで使いますが、針の刺入感や圧迫感は感じるでしょう。

施術後は腫れや痛みがあり、痛み止めや冷却パックで軽減可能です。

縫った跡の違和感や軽い痛みが、数日〜数週間続く場合も経過観察と適切なケアで改善されます。

二重整形における痛み以外のダウンタイム症状

二重整形のダウンタイム症状は、腫れや内出血が一般的で、数日〜数週間で改善されるでしょう。

ダウンタイム中は、患部を冷やすクールダウンが必須です。施術法に関わらず、術後1週間は1回につき数分から数十分を1日数回行います。

また、一時的な違和感や縫合部の硬さはあっても経過とともに消失するため心配いりません。

まぶたの動きが一時的に制限される場合もありますが、徐々に改善され、数週間から数か月で通常に戻ります。

ダウンタイムには個人差があり、適切なアフターケアと施術前後の指示に従うことで最小限に抑えられるでしょう。

二重整形の痛みを和らげる方法

二重整形の痛みを和らげるためには、以下の方法が効果的です。

  • 施術時は麻酔を使用しリラックスして受ける
  • 施術後は血流が促進される行動を控える
  • 施術後は枕を普段よりも高くして就寝する

それぞれ説明します。

施術時は麻酔を使用しリラックスして受ける

麻酔には局所麻酔・笑気麻酔・点眼麻酔などがあり、使用によって手術中の痛みなく処置受けられます。そのためには、麻酔の特徴を理解して適切な使用が重要です。

笑気麻酔は、鼻や口から吸う麻酔ガスで、リラックス状態になれます。痛みをやわらげるだけでなく、恐怖感の軽減も期待できます。

施術後は血流が促進される行動を控える

血流がよくなると血管が拡張し、腫れや内出血がひどくなる恐れがあります。

術後1週間は、運動や入浴(首から下のシャワーは可)、熱い食べ物や辛い物は控えてください。

激しい活動は避け、体を休めることで回復を促進します。

施術後は枕を普段よりも高くして就寝する

頭を高くして寝ることで、施術後の腫れを抑え快適さを保ちます。

重力によって腫れを下がりやすくすると、快適な状態で過ごせるでしょう。

これらの方法を組み合わせて、施術後の痛みを最小限に抑え不快感を緩和が可能です。

THE FIRST CLINIC町田院は二重整形埋没法を得意としています

THE FIRST CLINIC町田院は一人ひとりに合った二重整形を行います。

とくに、二重整形埋没法を専門としており、痛みを感じにくく短期間のダウンタイムで二重整形を受けられるのが特徴です。

丁寧なカウンセリングを行い、理想の二重まぶたを手に入れるためじっくり話し合いができます。

【まとめ】二重整形の痛み軽減は信頼できる医師を選ぶことから始まる

二重整形の痛みを軽減するには、適切な麻酔の使用や手術内容および術後経過の理解が必要です。

だからこそ、疑問や不安がないようにカウンセリングを受け、高い技術を持つ医師に手術をお願いしましょう。

THE FIRST CLINIC町田院は、そのような安心感を得られるクリニックです。

THE FIRST CLINIC 町田院

TEL 042-785-5665

〒194-0013
東京都町田市原町田6丁目20−10 中野屋ビル5階
JR「町田駅」より徒歩4分

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:042-785-5665

電話受付:10:00〜19:00

ACCESS

〒194-0013
東京都町田市原町田6丁目20−10 中野屋ビル5階
TEL 042-785-5665

SCHEDULE

× = 休診日

SUN

MON

TUE

WED

THU

FRI

STU

× = 休診日

SUN

MON

TUE

WED

THU

FRI

STU

電話予約 無料相談 LINE